So-net無料ブログ作成
検索選択

戯言ガタガタ、22歳。

Midnight Dejavuを、もう一度。

こんにちは。ともさかりえによく間違えられるエリンギ焼です。

嘘です。性別すら違うわ。

えー買いましたよ。
“MIDNIGHT DEJAVU 10th ANNIVERSARY at 東京キネマ倶楽部


NEW LIVE DVD “MIDNIGHT DEJAVU 10th ANNIVERSARY at 東京キネマ倶楽部”

NEW LIVE DVD “MIDNIGHT DEJAVU 10th ANNIVERSARY at 東京キネマ倶楽部”

  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • メディア: DVD


またエゴラッピンかよって感じですけど、仕方ない。タイムリーなんだもん。
スゴイです、このDVD。まず初回版のベルベットケース。

blog1.jpg
おい誰だ!昔の電車のシートって言ったの!
エンジのベルベットにゴールドでレタリング。昭和の匂いぷんぷんです。平成生まれだけど。
blog2.jpg
内容はもう、これ言ったら元も子もないけど、「良いにきまってる。」って感じです。
いままでエゴのDVDってライブとインタビューと混ぜ込んだドキュメンタリーっぽいのと、NHKホールでのライブだけ。あとは初回特典のDVD、それもライブ映像のオムニバスで、ライブハウスでのパフォーマンスまるごとってのは初なんです。しかも東京キネマ倶楽部。そんなの駄作が生まれるわけなかろうが。お酒が旨くなる音楽ってこういうもの。
ちゃんとMCもノーカット、いつものライブハウスの感覚が30パーセントくらい体感できます。(70パーは再現不可)
森さん曰く「よっちゃんのカラオケでの十八番」という久保田早紀の「異邦人」のカバーが素晴らしかったです。原曲に近いアレンジだけど、彼らが演奏するとどこかロカビリーっぽいような感じもする。めちゃめちゃカッコイイんです。

特典映像もいい。
とくにゲストの一人の八代亜紀!
エゴ演奏の「雨の慕情」はもう凄い。お客さんもまさか八代亜紀で踊れるとは思わなかっただろう。

より一層、Midnight Dejavu行きたくなった。今年こそ行くぞ!

で、大好きな「かつて..。」はライブだと毎回最後の部分の歌詞が違うんですけど、今回なきそうになっちゃったよ。

 「可愛いベイビー 今年も来てくれてありがとう
 いつも笑っていてくれたら嬉しいな
 You can just be in free time with me.
 泣くのはよしてよ ここにある愛を
 泣くのはよしてよ ここにある愛を
 流れるメロディと いつもあなたのために歌ってあげるよ」

最後の、「いつもあなたのために歌ってあげるよ」ってところで、ドキッとしちゃいました。こんなこと言う歌い手さんなかなかいないと思います。もうここで涙腺が緩んでしまいました。
この曲だけは特別です。CDを聴けば一気に冬の車の中を思い出します。

DVD、興味がある方は是非お買い求めください。アマゾンならお買い得。

明日は一人でお酒なんか呑みながら見ようかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。